地震が起きると液状化!?一宮エリアの地質を知っておこう

日本は地震や台風など自然災害が多い事で知られています。特に沿岸地域への移住やセカンドハウスの購入を検討されている方にとっては、地震による津波の影響や液状化現象は多くの方が気になっているトピックかと思います。本稿では、県外からも多くのサーファーが訪れる有数のサーフタウンとして、ますます人気が高まる一宮町エリアを考察したいと思います。

弊社一宮不動産も地域の発展に微力ながらお手伝いするにあたり、地域や住まいなどに関する情報の提供をしていきたいと考えております。一宮エリアの液状化の度合いについて、千葉県が平成23年度(2011年)に行った液状化調査等を参考にしております。 

液状化現象の被害

東日本大震災によって引き起こされた大規模な液状化現象は、特に海浜エリアのライフ・ラインに多大の被害をもたしました。

2013年2月の日経新聞の記事によると、浦安市の面積の86%が液状化被害に見舞われ、震災発生から2年が過ぎようとしている今でも傷痕が残ると報じられました。液状化現象では、建物の倒壊や沈下、地割れ、泥水の噴水による噴砂や冠水、水道管などの地下管やマンホールが浮き上がり破損してしまう、などの被害が確認されています。

なお、一宮町における東日本大震災による液状化現象は報告されなかったものの、県の報告書によれば床上浸水30棟・床下浸水が28棟の被害が発生しました。

一宮町の液状化マップ

一般的に、水分を多く含む埋立地や干拓地、海岸や河川敷などの比較的地盤がゆるく地下水位が高い砂地盤で発生しやすいといわれています。一宮町エリアの状況を知るには、町役場から公表されている液状化マップを参照するとよいでしょう。

(URL:https://www.town.ichinomiya.chiba.jp/assets/files/kinkyu/h260515ekijokamap.pdf)

このマップでは、液状化のしやすさを色分けしており、震度(5強)に対応し、東日本大震災や南海トラフ沿い地震のような2~3分程度の長時間継続する揺れを想定して作成されています。

マップをみてみると、意外と思われるかもしれませんが、海沿いの千葉県道30号飯岡一宮線(九十九里ビーチライン)でも、赤色で例示される液状化“しやすい“エリアはありません。 

上総一ノ宮駅周辺、一宮川沿いや駅から真東の沿岸部(弊社があるエリアです、、)は“ややしやすい”エリアに含まれておりますが、東浪見のほうは青色の“きわめてしにくい”エリアが多いことがわかります。

購入前のチェックポイント

  • 聞き取り

近くに河川などがある場合、浸水等が発生したことがあるどうかなど、地場の不動産会社に確認するか、近隣の住民の方に聞いてみるのもよいと思います。

  • 地盤調査報告書

新築の建売住宅の購入を検討している場合、売主があらかじめ地盤調査を行なっているので、要望すれば地盤調査報告書を提示してもらうことが可能です。書面の内容は難しいので、売主や仲介の不動産会社から説明してもらうことをおすすめします。 

  • 近隣の地盤データ

地盤調査報告書のない物件を購入する場合、お住まいの自治体や地盤調査会社から、近隣の地盤のデータを見せてもらうことが可能です。また、インターネットで検索すると、民間の地盤調査会社が公開しているデータを閲覧できます。会社によっては、役所のデータを確認できるところもあるので、利用してみるのもよいでしょう。

最後に

更地や昔の住宅などは地盤調査をせずに建ててしまうことも少なくなかったので、調査自体行なわれていない物件である可能性が高いです。また、一宮町では地目が農地であることも多いので、この場合にも地盤調査をしていなことがほとんどです。

地盤に関するデータが取得できない場合、売主の承諾を前提として契約前に地盤調査が可能かどうかを担当の不動産会社に相談してみましょう。 ただし、現実的には土地の購入に際して買主が契約前に地盤調査しているケースは稀ですが、契約書の特約条項として物件引渡し前の地盤調査の許可や地盤改良が必要な場合の措置など検討するのも一案かもしれません。

不動産の購入は一生に何度もない重要な買い物ですので、様々な角度や観点から対象物件を精査することが欠かせません。 本稿で参照した液状化マップのように自治体から有益な情報が発信されていますので、町役場に直接お問合せいただくのでもよいかと思います。 

ご参考:一宮町地域防災計画について

地域防災計画は、災害対策基本法第42条に基づき、町長を会長とする防災関係機関で構成される「一宮町防災会議」が定める計画で、平成26年2月末に修正案が策定されました。
本計画は、災害に関する予防計画、応急対策計画、復旧・復興計画等一連の対策を実施するための事務を定めています。
また、地域防災計画のほか、津波ハザードマップ、揺れやすさ液状化マップなどは以下のURLをご参照ください。

(URL:https://www.town.ichinomiya.chiba.jp/kinkyu/3/1.html